品質アップ支援について

マニュアルにとっての「品質」とは何だろう。

マニュアルは、ユーザーと企業との重要な接点のひとつです。ただ手順が書かれてあるというだけではなく、ユーザーの満足度を上げるためにさまざまな工夫を行うことによって、企業のイメージを高めることにつながります。
また、製品に対してユーザーが持つ疑問を、マニュアルがうまく解消できれば、コールセンターへの問い合わせやクレーム、サービスマンによる対応件数を減らすことができ、総合的な製品満足度を向上することができます。

ユーザーの満足度があがる仕組み

ユーザー満足度 イメージ

ユーザビリティの向上

記載内容が正確で、読みやすく理解しやすいことがまず重要です。続いて、目次構成がわかりやすく、相互参照(リンク)が充実していて、検索性が高いことも大切なポイントです。また、アプリケーション形式のマニュアルでは、ユーザーインターフェースが十分に考えられていることもユーザビリティの向上に寄与します。

高いインプレッション

まず気をつけたいのは、実用的でありながら美しいデザインを採用することです。そして、動画やアニメーション、音声などのリッチコンテンツを積極的に導入し、ユーザーに新鮮な感動を与えること、スマートフォンやタブレットをはじめとする新しいメディアにすばやく対応することもユーザー満足度を高めます。