外注と内製の比較

マニュアルの制作を社内で行うか、アウトソーシングするか。

外注と内製、それぞれにメリットがあります。ITPのマニュアル制作サービスでは、外注として制作を請け負うサービスに加え、内製を支援するサービスも行っています。

情報の橋渡し

ITPでは経験豊富な編集者・ライターをお客様の制作現場に派遣し、お客様のマニュアル制作を内部から支援します。そしてITPオフィスのマニュアルチームに必要な指示出しとスケジュール管理を行います。

構内作業スタッフ派遣

・開発チームからの情報収集
・マニュアル基準作り
・スケジュール立案

マニュアル制作サービス

・イラスト制作サービス
・DTPサービス

外注

ダウン

外注業者との密接な連携が必要

契約処理などの事務処理にかかる時間、製品仕様の伝達にかかる時間、その他の打ち合わせの時間などが必要で、窓口担当者様の実務には負担がかかります。

アップ

制作費の予算が可視化できる

外注する場合は、必ず見積や発注というプロセスを経ます。制作スタッフを社員として抱える場合と違い、一つひとつのマニュアルの制作にかかるコストが可視化できるので、予算管理の面で有利です。

アップ

スケーラビリティがある

内製している場合、マニュアル制作部門の稼働率を一定にする努力が必要となります。外注なら、制作した分だけのお支払いとなりますので、トータルコストの面でメリットがあります。

内製

アップ

機動力が高い

最大のメリットは、制作部門と開発部門の連携を密にできるということにつきます。緊急の仕様変更や製品リリース日程の変更があった場合にも即応することができます。

アップ

兼務ならコストダウンになる

たとえば、開発部門のスタッフが自らマニュアルを制作できれば、さらに機動力が高まります。スタッフの稼働率の問題も解消するため、大きなコストダウン効果を狙うことができます。

ダウン

専門スタッフをそろえるのは、管理コストが大変

ライター、DTPオペレーター、デザイナーなどの専門スタッフは、他の部門とは異なる雇用体系(フレックス制や裁量労働制など)を採用しなければならないケースがあり、労務管理が煩雑になることがあります。