メディア選定

数多くのマニュアルのメディアから最適なものをご提案します。

コストダウンを考える上で、最初に行うべきなのは「どのマニュアルをどのように配信すべきか」の検討です。まず、それぞれのマニュアルがどのようにユーザーによって使用されているかを想定し、そして、数あるメディアの中から最も適したメディアを選定します。たとえば、印刷する必要がないものはPDFやHTMLなどの電子メディアに移行する、ソフトウェアに組み込まれていた方がいいものがあればヘルプに記載する、などです。
また、すでに不要となっているマニュアルがあれば、制作の中止を考えることも大切です。

メディア選定のポイント

チェック
内容に適切なメディアを選ぶ
チェック
メディア間での記載の重複を避ける
チェック
改訂・改版を考慮に入れる
チェック
不要なマニュアルの廃止も検討する

メディアの種類と特性について

印刷物

印刷物

文字や写真が読みやすく、お子さんからお年寄りまですべてのユーザーがストレスなく閲覧できます。また、紙質やレイアウトデザインに工夫をすることによって、製品の付加価値を高めることにもつながります。
反面、ページが多くなると、冊子が重くなってしまい、紙代・印刷費なども増えてしまいます。

PDFや電子書籍など

PDFや電子書籍など

パソコンや専用のビューワーを必要としますが、印刷物とほぼ同様の感覚で閲覧することができます。印刷・製本費等がかからないため、印刷物に比べコストを下げることができます。また、プリントアウト機能や検索機能などもありますので、パソコンが使用できる状況なら大きなメリットがあります。

HTMLなど

HTMLなど

パソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を使っての閲覧を前提にしたメディアです。大量の情報をすばやく閲覧することができます。オフラインで閲覧可能にすることもできますが、オンラインで配信することができれば、配信コストを抑えることができます。

ヘルプ

ヘルプ

パソコンのソフトウェアや、ディスプレイが搭載された機器に組み込まれたメディアです。製品が使用される環境のすぐ近くで閲覧でき、利便性が高いのが特長です。